輸入車買い取り販売店スマートオート

TEL:03-6666-2544 定休日:毎月第1水曜日

スマートオート

スタッフブログ

’66ワーゲン・タイプ1 エンジンヘッドオーバーホール日記①

弊社代表の愛車、1966年式フォルクスワーゲン・タイプ1。

これから自分たちの手作業でエンジンを車体から下ろし、ヘッド周りのリフレッシュ作業をメインとして開始です♪

それでは早速このエンジンを下ろしていきます♪

エンジンオイルを抜き、ハーネス類を外していきます。

 

弊社にあった画像の小さなジャッキでは車体を持ち上げる高さの限界があったために、もっと大きなフロアジャッキを入手しました。

 

届いた物はかなりゴツいジャッキです。車体も楽々と上がり、エンジンを下ろして抜ける位置になりました。

 

エンジンはシャシーではなくミッションにボルトナット4本で固定されているだけなので、切り離しはあっという間です。

 

車体に潜っての作業は久々ですが、常に緊張しますね。

 

左後輪を外し、そのタイヤハウスの隙間から無事にエンジンを抜くことが出来ました。

 

空になったエンジンルームへ代表が潜り込んでとてもご満悦です♪

次回はエンジンのヘッド周りを分解していきます。

 

 

一覧に戻る →