輸入車買い取り販売店・トータルカーサービス スマートオート

TEL:03-6666-2544 定休日:毎月第1水曜日

スマートオート

Case

施工事例

  • カーケア
  • プロテクションフィルム

□後編□ダッジ チャレンジャー SRT の車体全面にプロテクションフィルムを施工しました

ダッジ チャレンジャー SRT

□前編□ 】に続きまして後編の今回は、ダッジ チャレンジャー SRTのフロントガラスへの専用保護フィルム ◇STEKダイノフレックス ( Windshield- DYNOflex ) 施工の模様をご紹介させて頂きます。

 

 

これまで一部の高級車やスポーツ走行車両に限定されていたフロントガラス保護フィルムも、技術開発が進み施工率も上がっています。

当店はボディーを保護するペイントプロテクションフィルムに続き、フロントガラス専用のフィルムもお客様のご要望に応じた提案をさせて頂いております。

 

 

今回のお車のフロントガラスは既に走行済みのお車でしたので、小さな飛び石傷が数点ありました。

 

施工前に入念な飛び石傷のチェックをし、フィルム施工中 ”ゴミの混入” と間違えてしまわぬよう傷の把握をします。

 

 

飛び石傷がある場合、保護フィルムを施工後に気泡となってしまいます。

 

※ 運転中視界に入る目立つ箇所に1mm以上の飛び石傷がある場合には、リペア補修後又はガラス交換後にフィルム施工する事をお勧めします。

 

 

傷の確認が終わりましたら、フィルムの施工に入ります。まずは下処理から。

 

 

鉄粉や油膜が付着していると透明度が落ちてしまい美しい仕上がりにはならないので徹底したクリーニングを施します。

 

下処理が完了したら、フィルムの型取りです。ガラスの縁に合わせてライン取りをしていきます。

 

 

この作業でフィルムの型が決まるので、慎重に作業を進めていきます。

 

曲面には3mmの細いラインテープを使用し、直線ラインには8mmのマスキングテープでライン取りをしています。

 

ラインを引いたフィルムを綺麗にカットしてから貼り付け準備に入ります。

 

 

貼る準備が整ったら、施工液を使用してガラス面に貼り付けます。

 

滑らせながらガラスの形に均等に合うように位置決めをしていきます。

 

 

位置が決まったら、専用のヘラ(スキージー)で丁寧に貼り付けていきます。この時、フィルム面にゴミや埃が入っていないか神経質に確認しながら作業を進めます。

 

 

均等に施工液を抜いたら、完成となります!

 

 

こちらのフィルムは、強い衝撃でさえも吸収して分散させることが出来ます。

 

非常に弾力性の あるTPU層を特徴としており、優れた耐候性・疎水性・耐汚染性を発揮します。一度貼れば、厳しい気候によるダメージを効果的に防止します。

 

 

ガラス交換やADASセンサーの再キャリブレーションなどのコストの掛かる 修理を必要としない継続的な保護も提供します。

 

※ 特殊ポリウレタンを用いていることにより、やや視界に歪みが入ります。正面方向は比較的少ないですが、左右の視界については、気になるかもしれませんので車酔いの強いお客様は一度ご相談下さい。

 

【 フィルムスペック詳細 】

 

□Impact Resistant 高光学弾性ウレタン層を採用。過酷な道路状況からの予期せぬ損傷を防止し、フロントガラスの割れや飛散からドライバーを保護。

□Hydrophobic Hydrophobic top-coatingがフロントガラスの表面張力を低下させ、雨・雪・汚染物が付着しにくくなり、視認性を向上。

□Self-Healing 軽微な傷から自然に回復するセルフヒーリングの特性を持ち、自己治癒能力は氷点下環境でも維持。(STEK Automotiveによる-20°C/-4°Fの条件下テスト実証済)

□UV protection 99%の紫外線遮断性能を備えており、有害な紫外線による車内素材の退色・劣化やドライバー・同乗者の日焼けなどから防止。

 

 

 

ご納車直前には、指紋や部分的な少々の汚れをXPELディテールスプレーを使用してクリーンアップをします。

 

ダッジ チャレンジャー SRT の車体全面にプロテクションフィルムを施工しました

 

クリーンアップ完了後はセラミックブースト【簡易コーティング】を施工しました。

 

非常に薄い保護層をフィルム表面に成型し覆うことでゴミや埃を寄せ付けません。

滑らかで光沢のある簡易的な疎水性コーティング剤です。( こちらの簡易コーティング施工は施工価格に含まれます。)

 

ダッジ チャレンジャー SRT の車体全面にプロテクションフィルムを施工しました

 

※ ” 最上位のコーティング “は別途有料となりますが、FUSION PLUS セラミックコーティングというメニューもございます。XPELプロテクションフィルムのアフターケアに最適のメニューです。(お見積もりはご相談下さいませ。)

 

 

8日間のすべての工程を終えて、ご納車待ちの車両がこちらになります⬇︎

 

ダッジ チャレンジャー SRT の車体全面にプロテクションフィルムを施工しました

 

ダッジ チャレンジャー SRT の車体全面にプロテクションフィルムを施工しました

 

ダッジ チャレンジャー SRT の車体全面にプロテクションフィルムを施工しました

 

大人気のツヤ消し/マットカラーで… 息を呑んでしまう程に美しい姿に完成しました。(オーナー様にも大変に喜んで頂けました!)

 

 

 

 

この度の DODGE CHALLENGER SRT /ダッジチャレンジャーSRTへの施工は、期間:8日間

 

①フルボディプロテクションフィルム (XPELSTEALTH):1,568,600円 (税込)

②フロントガラス専用保護フィルム 【STEK Windowflex】99,000円 (税込)

 

にて、施工をさせて頂きました。

 

 

プロテクションフィルムは、施工箇所を150ミクロンのフィルムで覆うことにより、飛び石による傷の心配が無くなります。

 

また、プロテクションフィルムには傷の自己修復機能が備わっており、約12ミクロンまでの擦り傷は太陽熱で修復する機能があります。

 

さらに、プロテクションフィルムは塗装を傷めず容易に剥がすこともでき、美しい塗装コンディションを永きにわたり維持していただけます。

 

愛車をプロテクトしつつ、イメージチェンジも可能なプロテクションフィルムの施工は、東京都江東区スマートオートにお任せ下さいませ。

 

フィルム施工の価格は、車種・施工箇所によりますので、お気軽に

https://smart-auto.co.jp/contact/protectionfilm/

お問合せ下さいますようお願いいたします。