輸入車買い取り販売店スマートオート

TEL:03-6666-2544 定休日:毎月第1水曜日

スマートオート

在庫車一覧

弊社の在庫車一覧を随時更新中です。
気になるクルマがあればお問い合わせフォームかお電話でお気軽にお問い合わせください。

2012年 フォルクスワーゲン ティグアン Rライン

ディーラー整備 Rライン専用エアロ 本革ハンドル ディーラーメンテナンスサービス平成31年6月まで有 純正19インチAW 社外メモリーナビ クリアランスソナー 禁煙車 ETC

車両価格

188万円

支払総額

210.2万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2012年 61680km 2000cc 平成31年6月 キャンディホワイト
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT7速
都会派の野生、エアロパーツなどの外装パーツや専用内装によりスポーティーな雰囲気が高められたドレスアップモデル、フォルクスワーゲン・ティグアン Rラインが入庫致しました。

コンパクトSUVが各メーカーからラインナップされるなか、「フォルクスワーゲン・ティグアン」はスペック数字以上にコンパクトに感じられます。エクステリアのデザインが変更され、「トゥアレグ」と同じ水平基調のグリルとなって顔つきがより都会的な印象になったせいもあるのでしょうか、このジャンルには「トヨタRAV4」「日産エクストレイル」などのライバルがいて、それぞれに出自であるオフロード対応の野性と実際に使用されるフィールドの都会的洗練をどのようにミックスするかに知恵を絞っていましたが、時代の経過と共に街中が似合うシティSUVに変わりつつあるようです。
エンジンとトランスミッションはこれまでどおり2リッター直4DOHCターボに7段DSGの組み合わせですが、最高出力は9psアップして179ps/4500-6200rpmとなりました。

【スペック】全長4430mm×全幅1810mm×全高1710mm  ホイールベース=2605mm 車重=1640kg 駆動方式=4WD
エンジン/2リッター直4DOHC16バルブターボ(179ps/4500-6200rpm、28.6kgm/1700-4500rpm)

エクステリアには、専用の大型フロントバンパー、「R-Line」ロゴ入りエンブレム、ボディー同色のサイドスカート、大型リアバンパー、リアスポイラーなどが装備され、タイヤは「スポーツ&スタイル」が235/55R17サイズであるのに対し、「R-Line」では255/40R19に変更され、これを専用のフェンダーアーチが包み込んでいます。そのため、全幅は55mm広い、1865mmとなりました。
専用のファブリックシートや3本スポークマルチファンクションステアリングホイール、アルミ調ペダルクラスターも見どころです。このほかスポーツサスペンション、バイキセノンヘッドライト、ドライバーの疲労を検知して休憩を促す「ドライバー疲労検知システム※」、フルタイム4輪駆動システム4MOTIONを標準装備し、直列4気筒DOHC 2L 直噴ターボ「TSI」+7速デュアルクラッチAT「DSG」を採用。「10・15モード」燃費は11.6km/Lとなります。
※ドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」は、ドライバーの急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、マルチファンクションインジケーターの表示とブザーで休憩を知らせるます。マルチファンクションインジケーターには、コーヒーカップのマークと“Break recommended”が表示されます。

法定点検や10項目の安心チェックを行う「プロフェッショナルチェック10」、エンジンオイル/オイルフィルター交換や指定消耗部品の補充・交換が受けられるディーラーメンテナンスサービスが平成31年6月まで継承可能です。
スポーティーコンパクトなSUVをお探しの方、お問合せお待ちしております。

2015年 BMW X3 xDrive20d Mスポーツ

ワンオーナー 新車保証付 オイスターレザー&シートヒーター パワーテールゲート 360度カメラ インテリジェントセーフティシステム 純正ナビ&地デジ

車両価格

418万円

支払総額

438.8万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2015年 24450km 2000cc 平成30年4月 アルピンホワイト3
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT8速
BMWの人気モデル、コンパクトSUVに191psを発生するツインパワー・ターボの2.0ℓディーゼル・エンジンを組み合わせたX3・xDrive20d Mスポーツが入庫致しました。

1820kgの四輪駆動車に4気筒ディーゼルで本当に大丈夫なのだろうかと思われるユーザー様もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところパワー供給はスムーズでリニア、4500rpmまでも簡単に吹け上がっていきます。
100km/h巡航でもまだまだ余力がありそうな振るまいを見せ、8速のクイック・シフトの助けもあって、そこからの加速も非常に機敏なものとなっております。
そして動力性能に関してはさすがはBMWです。操舵は正確で、コントロールも容易、ステアリングはわずかに重いものの、ボディ・ロールも最小限に抑えこまれています。

【スペック】ボディサイズ:全長4655mm×全幅1900mm×全高1675mm ホイールベース:2810mm 車両重量:1840kg 駆動方式:フルタイム4WD
エンジン:直列4気筒2000cc・DOHCターボ (ディーゼル) 最高出力:184ps(135kW)/4000rpm 最大トルク:38.7kg・m(380N・m)/1750~2750rpm

「M スポーツ」は、逞しさに溢れたダイナミックなスタイリングを強調するMエアロダイナミックス・パッケージや、よりスポーティなドライビングを可能にするスポーツ・サスペンションなど、BMWのハイ・パフォーマンス・モデルであるMモデルを手掛ける専用装備を数多く採用し、ダイナミックな走りとスタイリングを強調しました。そのほか 「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、「サイド・ビュー・カメラ」など革新的ドライバー支援システムをはじめ、安全性と利便性に優れた数々の機能を装備しています。

インテリアの印象としては全体的にセダンに近く、造形や組み合わせる素材の使いかたは高級感があります。
ステアリングホイールはMスポーツ専用のマルチファンクションレザーステアリングとし、インパネ中央のナビ画面には、「パフォーマンスコントロール」などの動作状況も表示されます。
操作系のコントローラーの数は整理されていて、エアコンやシートヒーターのように常に調節が必要なものは物理的なコントローラーがあり、インフォテイメントシステムはステアリングホイールのスポーク部かダイヤル式コントローラー周辺で行えます。
オイスターレザーと黒でまとめられた品の良いインテリアはフロアマットまで汚れのない美しさを保っています。禁煙で使われてましたので、灰皿の使用痕跡や気になる匂い汚れは有りません。
フロントシートには電動調整機構のほか、シートヒーターも装備されています。

今回、ワンオーナー・屋内保管・禁煙の三拍子に加え、BMWのメーカー保証(新車保証)を継承した上で納車致しますので、引き渡し後に万が一不具合等が発生しましても、全国の正規ディーラーにて無償修理を受けることができます。費用は車両本体価格に含まれます。
オートローンのご利用を希望されるお客様は、Goonet掲載中の車両詳細ページに「この車でローン仮審査」というボタンからオリコの仮審査申込が可能です。お気軽にご利用下さい。

皆様からのお問合せお待ちしております。

2013年 アウディ A5カブリオレ 2.0 TFSI クワトロ

ディーラー整備 茶レザー 茶トップ オートクルーズ コーナーセンサー シートヒーター 純正MMIナビゲーション 地デジ 純正18インチAW ETC

車両価格

338万円

支払総額

362.6万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2013年 21520km 2000cc 平成30年6月 グレイシアホワイトメタリック
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT7速
優雅で美しいスタイルを演出するための電動開閉式ソフトトップを組み合わせた上級クラスのラグジュアリーオープンモデル、アウディA5カブリオレ2.0TFSIクワトロが入庫致しました。

A5カブリオレが存在感を与える理由は、色気と男気が混在したクーペモデルのA5がベースとなっているからでしょう。
スポーティーなスタイルながら、ボディサイドは抑揚のあるホイールアーチでワイド感が強調され、流れるようなショルダーラインは、優雅に見えるカブリオレスタイルのなかにも、静かな情熱を秘めているように感じさせています。
最近のオープンモデルは、静粛性や防犯性のメリットを踏まえてハードトップが主流になりつつありますが、このクルマには優雅で美しいスタイルを演出するうえで敢えて電動開閉式のソフトトップを採用しています。
ソフトトップは開くのに15秒、閉める際は17秒で、ともに50km/h以内で開閉が可能となっています。
リヤウインドウはガラス製でクリアな視界を確保し、このクラスとしては珍しくルーフの裏側に後席用のLEDルームランプも取り付けられています。

2枚ドアのクーペスタイルと聞くと後席が狭そうなイメージを受けますが、後席へアクセスする際に軽く身体を屈めるものの、シートは大人がゆとりをもって座れるだけの広さが確保されています。
ルーフの収納スペースを要するカブリオレの荷室容量については、ある程度目をつぶらなければならないものです。その点、A5カブリオレは後席の背もたれが50:50の分割可倒式になっており、
トランク側からレバーを引くだけで簡単にアレンジできるうえ、開口部が低く切り込まれているので、女性でも簡単に使いこなせるようになっております。

マルチメディアインターフェイスMMIは、VICS3メディア機能を備えた40GBのHDDナビゲーションシステム・7インチワイドVGAモニターなどを装備。ファンクションセレクターボタンを使って、ラジオCD/DVD/TV(12セグ地上デジタル)を統括する「エンターテイメント」 、ハンズフリーフォンを操る「コミュニケーション」、ナビゲーションシステムを操る「インフォメーション」、そして車体の諸機能を調整する「コントロール」を瞬時に呼び出せます。

オープンモデルというと補強やルーフの開閉ユニットで重量増は免れませんが、ソフトトップやアルミ・マグネシウム製の補強パーツが使われているので、想像よりも軽い仕様となっています。
クワトロについては、通常は前後のトルク配分が40:60ですが、旋回時は最大で80%のトルクをリヤに振り分けるため、ステアリングの操舵感はFR車をドライブしているかのようにスムーズに扱えます。
余裕のパワーを内に秘めつつも、街乗りからワインディングまで気持ちよく駆け抜けられる軽快さは、オープン時に走行していると、まるで風の流れに乗ってドライブしているような一体感が得られて、カブリオレの醍醐味を存分に満喫できます。
驚くべきはハードトップ並みの静粛性です。日本向けモデルは、幌の内側にポリウレタンフォームが入っており、ソフトトップ特有の耳障りなノイズが聞こえてこないように工夫がされています。

パワーソースは、高出力かつフラットなトルク特性と、優れた燃費特性が特徴の2L 直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ(TFSI)エンジンを搭載しています。最高出力は211馬力を発生し、トランスミッションは、MTのダイレクトな動力伝達効率とATの快適な操作性を兼ね備えた7速Sトロニックを。電動パワーステアリングも採用し、2.0TFSIユニットは過給システムと直噴方式を採用、スタートストップシステムとエネルギー回生システムを装備しています。

【スペック】ボディーサイズ:全長4645mm×全幅1855mm×全高1375mm ホイールベース:2750mm 車重:1860kg 駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直列4気筒DOHC・ICターボ最高出力:211ps(155kW)/4300~6000rpm 最大トルク:35.7kg・m(350N・m)/1500~4200rpm

静粛性と快適性、積載性とカブリオレのネガを見事に克服しているアウディA5カブリオレ、クールでスマートに乗りこなせるお洒落な男性や女性にとっても嬉しいお車です。
お問合せお待ちしております。

2015年 レクサス NX300h バージョンL

新車保証付 走行0.6万Km サンルーフ クリアランスソナー 電動開閉リアゲート 本革シート 禁煙 三眼フルLEDヘッドライト オプション18インチAW

車両価格

448万円

支払総額

489.8万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2015年 6050km 2500cc 車検2年付 ソニッククォーツ
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし
レクサス初のコンパクトSUVとして華々しくデビューした「NX」の最上級グレード・NX300hバージョンLが入庫致しました。

搭載されるパワートレーンは、トヨタのSUV「ハリアー」と共通で、2.5Lエンジン(152ps/206Nm)にモーター(前:143ps、後:68ps)を組み合わせたもので、出力こそ「NX200t」のターボエンジンに劣るものの、約2トンの巨体を動かすには十分な性能を発揮するうえに燃費もカタログ値で約21km/リッターを達成し、レギュラーガソリンで走ることも見逃せないポイントです。
ターボエンジンのNX200tは12.8km/lとやはり差は大きいので、燃費や維持費を考えるならNX300hを選ぶのがお勧めです。
一回り大きなレクサスRXのハイブリッドであるRX450hの燃費は17.4km/ですので、燃費を考えても、サイズや乗り心地などを比較しても、NXに軍配が上がります。

走り出してみると、ハイブリッド車らしく出足から軽く、しかもモーターのみで発進するので、とても静かなのも美点です。
再加速時もモーターのアシストのおかげで非常にスムーズです。エンジンは途中から掛かりますが、意識しない限り音や振動に気が付きません。軽い身のこなしや静粛性など、ハイブリッドモデルの「NX300h」の方が、その乗り心地には上質感があります。
ハイブリッド車というと、低燃費に特化した反面、ファン・トゥ・ドライブが犠牲になりがちですが、「NX」に乗ってみると、ハイブリッドであることを楽しい走りをアシストする“縁の下の力持ち”として活用していることが伝わってきます。

エクステリアはレクサスのアイコンであるスピンドルグリルでその存在感を示し、ひと目でレクサスとわかる顔つきをしています。サイドビューでは線の強いアクセントラインと小さめのサイドウインドウが目を惹き、またルーフラインのピークが後席の頭上にくる独特のデザインとし、さらに傾斜したリヤウインドウや大型スポイラーなどでスポーティさを強調しています。また、リヤビューにもスピンドルグリルをモチーフとしたデザインを取り込み全体のまとまりとしています。

ボディサイズは全長4630mm×全幅1845mm×前高1645mm、ホイールベースは2660mmでC、Dセグメントの中間サイズになっております。ポジショニングは当然プレミアムクラスであり、ライバルはBMW X1,&X3、アウディQ3、さらにレンジローバー・イヴォークなどが考えられます。

インテリアはレクサスに共通する水平基調のデザインで構成してあり、骨格の現われる部分には金属の質感を、人の触れる部位にはライトベージュの本革シートとブラックを基調とし、そしてステッチをあしらう演出やドアパネルなどに明るいウッド調パネルなどを使用して高級感を創出しています。スイッチ類やメーター類には情報が多く、また小ぶりなスイッチが多く配され、見方によってはスポーティなデザインといえるでしょう。
シートポジションはSUVらしく見晴らしのよいポジションです。ドライバーズシートはホールド性も高くスポーツドライブでも安心できます。もちろんアジャスト機構は電動で、ステアリング調整も電動化というプレミアムモデルにふさわしい装備とななっております。また、スカッフプレートにはオプションのイルミネーション付となっております。
その他、快適なパワーシート・シートヒーター・シートベンチレーションに加え、ステアリングヒーターが装備されています。

今回、走行距離も6000Kmと非常に浅く、程度も申し分無い状態としております。
このお車を気になるかたは、是非お問合せください。

2016年 メルセデス・ベンツ AMG C43 4マチック 4WD エクスクルーシブパッケージ

新車保証付 左ハンドル 屋内保管 禁煙 ヘッドアップディスプレイ AMGスタイリングPKG レーダーセーフティPKG トランクオープナー

車両価格

598万円

支払総額

623.8万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2016年 14730km 3000cc 平成31年6月 オブシディアンブラック
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT9速
ちょうど良いボディサイズの「Cクラス」に、ちょうど良いエンジンを搭載した、ベストバランスな「C43AMGセダン」が入庫致しました。

専用開発の高出力3リッターV6直噴ツインターボエンジンと四輪駆動システムのAMG 4MATICを搭載した、Mercedes-AMGの新しいコンセプトであるAMGスポーツモデル。その第一弾として登場したのが、Mercedes-AMG C 43 4MATICです。アジリティ&インテリジェンスを基本に大きく進化を遂げたCクラスに、モータースポーツで培われたAMGの最新テクノロジーがバランスよく組み合わされており、かつてないスポーティさとラグジュアリーを体感できる洗練された1台です。

直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」は、誰もが感じるこのモデルならではのバランスの良さです。
かつてメルセデス・ベンツで「450」と呼ばれた3リッターV6ツインターボ。450はもともと、「AMGスポーツ」という新シリーズ用にあつらえられたエンジンでした。AMGスポーツはカッコウだけのAMGパッケージにそれなりの性能をプラスするというコンセプトで、AMG内の穏健派として構想されました。
それをわずか1年で改め、12気筒は「65」、8気筒は「63」、4気筒は「45」と数字で名乗らせているように、この6気筒を2桁で表すことにしたのです。
かくして出直すことになった43は、「SLC」から「Cクラス」「GLC」「GLE」「GLEクーペ」と多様なモデルに登場しました。SLC以外はすべて4MATIC、つまり4WDとの組み合わせとなります。C43の場合は、これまでの名前である「メルセデス・ベンツC450 AMG 4MATIC」を捨て、「メルセデスAMG C43 4MATIC」を名乗ることになったのです。
改名に加えて一部改良を受け、全モデルに9段ATの「9G-TRONIC」が採用されました。ギアが2枚増えたおかげで、0-100km/h加速はコンマ1秒速くなり、4MATICの前後トルク配分が33:67から31:69へと、さらに後輪駆動寄りに変更されました。

V6ツインターボの43は、大排気量のアメリカンV8のようなドロドロッという豪快なビートではなくて、軽快かつ俊敏に吹け上がります。もともと3.5リッターだった自然吸気のV6を3リッターにダウンサイズしてターボ化したメルセデスのユニットにAMGが手を加えたのがこの直噴エンジンです。最高出力は5500-6000rpmで367psを、2000-4200rpmの広範囲で53.0kgmという分厚い最大トルクを紡ぎ出しています。

【スペック】ボディーサイズ:全長4715mm×全幅1810mm×全高1435mm ホイールベース:2840mm 車重:1810kg
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ 最高出力:367ps(270kW)/5500-6000rpm 最大トルク:53.0kgm(520Nm)/2000-4200rpm 駆動方式:4WD トランスミッション:9段AT

専用ダイヤモンドグリルやフロントフェンダーにあしらわれたAMGバッジ、ブラックアウトされたフロントスポイラーなど、ノーマルとは異なるエクステリアがさり気なく走りのアドバンテージを主張。ドアを開けてセミバケットタイプの本革シートに座ると、280km/hまで表示されたスピードメーターとチェッカーフラグデザインのタコメーターが、気分をさらに高揚させます。
センターコンソール部にはAMGダイナミックセレクトのスイッチがあり、5つのモード(エコ/コンフォート/スポーツ/スポーツモードプラス/インディビデュアル)から選ぶことができます。エンジン、トランスミッション、ECOスタートストップ機能、サスペンション、ステアリング、エアコンなどが各モードごとに組み合わされているほか、ドライバーの好みに合わせて個別に設定することも可能です。

ショッピングや駅への送迎など、普段使いができる一方、いざというとき時には心を解放するアグレッシブな走りが堪能できるC43 AMG 4MATIC。 ノーマルのCクラスでは物足りないが、C63では過激すぎるという人に、このクルマはピッタリだと言えるでしょう。

市場に数少ないオブシディアンブラックのC43 AMG 4MATIC・エクスクルーシブパッケージの本車、新車保証継承も可能です。
お問合せお待ちしております。

2016年 ポルシェ 718ボクスター 2.5 S

スポーツクロノ PCM PDLS 禁煙車 本革シート シートヒーター PSM 電動格納ミラー GTスポーツステアリング アルミPDKレバー Bカメラ BOSEサウンド

車両価格

818万円

支払総額

857.1万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2016年 10280km 2500cc 平成31年6月 ホワイト
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT7速
自然吸気の6気筒エンジンを4気筒ターボに置きかえ、モデル名を変えた「ポルシェ・718ボクスターS」が入庫致しました。

6気筒自然吸気(NA)から4気筒ターボエンジンに変更されたとはいっても、2.5リッターのボクスターSでは350psという、まさしくけた違いのパワーを生み出すのだから何の不足もありません。
CO2排出規制に対応するための4気筒化であり、ターボ化であることは言うまでも有りませんが、単なる燃費のためのダウンサイジングユニットと見られてはポルシェの沽券(こけん)にかかわるというものです。そのためにあらゆる手を尽くしたことがうかがえます。
2.5リッターのSユニットの最高出力と最大トルクは350ps(257kW)/6500rpm、420Nm(42.8kgm)/1900-4500rpmです。従来型ボクスターSは3.4リッターフラット6から315psと36.7kgmを生み出していましたので、スペックは明らかに向上していますし、パフォーマンスも0-100km/hが従来型を0.6秒上回る4.2秒、最高速は285km/hにもおよびます(スポーツクロノパッケージ付きPDK仕様)。
ボクスターの場合は新型「911カレラ」と違ってターボは1基ですが、Sに限って可変タービンジオメトリー(VTG)を採用しているのが特徴です。タービンブレードが可変式のターボチャージャーは「911ターボ」にも採用されているもので、ディーゼルターボエンジンでは採用例は多いですが、ガソリンターボでは排気温度と回転数が高くなるために難しく、ポルシェの他には例がありません。加えていわゆるターボラグを小さくするために、スポーツモード以上ではアクセルペダルを一時的に戻してもスロットルを開けたままにして(燃料噴射はカット)過給圧をキープするシステムも盛り込まれています。

【スペック】 ボディーサイズ:全長4379mm×全幅1801mm×全高1280mm ホイールベース:2475mm 車重:1385kg 駆動方式:MR
エンジン:2.5リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ 最高出力:350ps(257kW)/6500rpm 最大トルク:42.8kgm(420Nm)/1900-4500rpm トランスミッション:7段AT

インテリアカラーはブラックとなっていて、ヘッドレスト一体型のスポーツシートはポルシェならではのデザインです。ステアリングホイールは「918スパイダー」用をモチーフにしたデザインで、ステアリングに設置されたダイヤル型のスポーツクロノモードスイッチで運転中も簡単にモード変更可能です。
ナビゲーションにはインフォテインメントシステム、PCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム)が採用され、7インチマルチタッチディスプレイは、画面に手を近づけるとメニューが自動的に表示され、マルチタッチジェスチャーによって簡単に操作することができます。
オープンカーに欠かせない快適なシートヒーターがオプション装備されています。運転席・助手席共に使用感もほとんどなく、とても綺麗な状態です。
LEDを採用した4灯式ウエルカムライトと一体型のバイキセノンヘッドライト(ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム。操舵角と車両の速度のデータに基づいてヘッドライトの照射角をコーナー内側に調整します。
その他、装備内容はスポーツクロノパッケージ、GTスポーツステアリング、オールレザーシート、アルミPDKレバー、アルミフットペダル、電動格納ミラー、オートエアコン、ペイントキー、GPSレーダー探知機などです。
ポルシェのメーカー保証(新車保証)を継承した上で納車致しますので、引き渡し後に万が一不具合等が発生しましても、全国の正規ディーラーにて無償修理を受けることができます。

とても状態の良いポルシェ718ボクスターS、お問合せお待ちしております。

2016年 アウディ S3スポーツバック 2.0 4WD

ワンオーナー 新車保証付 屋内保管 禁煙車 LEDライトパッケージ 純正MMIナビゲーション 地デジ ドラレコ カラードキャリパー アダプティブクルーズコントロール

車両価格

398万円

支払総額

420.1万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2016年 15590km 2000cc 平成31年8月 グレイシアホワイトメタリック
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT6速
280ps、38.8kgmのアウトプットをクワトロシステムで操るクールなホットハッチ、アウディS3スポーツバックが入庫致しました。

「S3スポーツバック」は、アウディのCセグメントモデル「A3スポーツバック」の高性能バージョンです。日本では、2013年11月に販売が開始されました。
2リッター直4ターボエンジンのパフォーマンスは大幅にレベルアップし、先代モデルが256ps/6000rpm、33.7kgm/2400-5200rpmであったのに対し、本車は285ps/5500rpm、38.8kgm/1800-5200rpmを発生しています。
先代モデルより約70kg軽く仕上げられたボディー(1445kg)やローンチコントロールシステムなどと相まって、0-100km/h加速を5.0秒でこなします。
燃費の向上もポイントで、6段Sトロニック車で14.5km/リッターを実現しました。先代モデルに比べ、100km走行あたり1.5リッターの燃料を節約できるということになります。

他のアウディ車にも通じるデザインのエクステリアは、アルミ調のドアミラーやルーフスポイラー、18インチアルミホイール、専用デザインのバンパーや左右計4本出しのマフラーなどが「S3スポーツバック」の特徴です。
インテリアについても、下部がフラットな形状のステアリングホイールやアルミ製ペダルなど、「Sモデル」らしいアイテムが与えられました。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4324×1785×1404mm。現行車の日本仕様では1450mmある全高こそ低くなったと感じられるものの、これまでの「S3スポーツバック」に比べて大きくは変わらないものとしています。

インテリアは黒のモノトーンに加飾パネルにはアルミ調素材を採用しています。サイドサポートの張り出したスポーツシートは本革とクロスを組み合わせたコンビシートとなり、背もたれには「S3」のロゴがエンボス加工であしらわれています。
充実した装備も「S3スポーツバック」の特徴で、「A3スポーツバック」ではオプション扱いのメーカー純正ナビやインテリジェントキーなどが標準装備されています。その他、オーディオには10個のスピーカーと6チャンネル180Wのアンプなどからなる「アウディサウンドシステム」も装備。
オプションでは「LEDライトパッケージ」(ヘッドライト+ルームライト)を装着しています。

本車は新車保証付・ワンオーナー・屋内保管・禁煙の良質車で、弊社ユーザー様からの買取車両ですので素性も確かです。
インテリアは使用感の無いとても美しいコンディションです。フロアマットまで汚れのない美しさを保っています。禁煙で使われてましたので、灰皿の使用痕跡や気になる匂い汚れは有りません。
便利な機能として、設定速度での走行に加えて前車との安全な車間距離を維持して自動的に速度を調整するアダプティブクルーズコントロールを装備しています。
今回、タイヤは納車時に4本とも弊社指定の新品タイヤへ無料交換させて頂きますので当面の間安心して走行可能です。

とても状態の良いお車ですので、是非ご検討くださいませ。




2012年 メルセデス・ベンツ SL350 ブルーエフィシェンシー AMGスポーツパッケージ

本革シート シートヒーター レーダーセーフティPKG 純正HDDナビ・地デジ 純正19インチAW ハンズフリーアクセス ETC

車両価格

498万円

支払総額

512.9万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2013年 37520km 3500cc 平成31年10月 オブシディアンブラック
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
なし あり なし AT7速
ドイツ語で超軽量を意味する「スーパー・ライヒト」とも、軽量スポーツを意味する「スポルト・ライヒト」とも訳されているベンツのスポーツカーの代名詞であるSL350が入庫致しました。

ロングノーズ、ショートデッキの基本を踏襲しつつ、さらに流麗なスタイリングに生まれ変わったSL350は、量産メルセデス・ベンツ初となるフルアルミボディシェルとする(Aピラー部とウインドフレームのみはスチール)工法で文字通り軽量に生まれ変わりました。従来のスチール製と比較すると最大で140kgの軽量化と、20%以上向上した捻れ剛性とともに操縦安定性と快適性を高めています。

V6直噴エンジンにアイドリングストップのECOスタートストップ機能を備えた7速AT、7Gトロニック・プラスを搭載しています。
レーダー波が前方や側方のクルマや物体を感知して自動ブレーキ制御を行う予防安全、「レーダーセーフティーパッケージ」のほか、最新の安全システムを標準で搭載する世界で最も優れたロードスターです。
最高出力/最大トルクは、306ps/37.7kgmとなっています。
アクセルを踏み込み、加速した瞬間からわかる「SL」が意味するとおりの軽量、軽快な動きです。従来のスチールボディ比マイナス140kgの軽量化はSL350では、走行中明らかにボディのマスを感じさせない上屋の軽さが実感でき、ステア操作に合わせて左右にフットワーク良く軽快に向きを変えることができます。

V6がいかにもカムにのった心地いいサウンドを展開するのは3000rpm以上リミットの6800rpmまでで、乾いた音色とともに速度のノリの良さは0-100km/h加速は5.9秒と十分に俊速です。
高速の合流では特にアクセルを深く踏み込むまでもなく流れに合流可能です。100Km/h巡航は1800rpmと、静粛性の高さに加えて、燃費とCO2の低減と環境性能も高くなっています。
標準のマルチリンク・サスペンションは、わずかなボディの傾きを許しながらノーズからスッと曲がり、安定した姿勢で立ち上がります。

【スペック】ボディ:全長4615mm×全幅1875mm×全高1315mm ホイールベース:2585mm 車両重量:1710kg
エンジン:V型6気筒DOHC3497cc 最高出力:306ps(225kW)/6500rpm 最大トルク:37.7kg・m(370N・m)/3500~5250rpm

SL350には、かつてのジャーマンメーカーなら「ギミック」の一言で片付けられたであろう細かな新機軸がいっぱいです。全自動折り畳み屋根とワンタッチで開閉できるトランクリッドは今や常識ですが、SL350はリアフォグランプ下部に足を近づけるだけでトランクを開閉できる「ハンズフリーアクセス」が装備されています。
オープン走行時にありがたいヘッドレスト後方の巻き込み防止デバイスは、電動で出し入れできる「電動ドラフトストップ」に進化しました。冬のオープンライフの強い味方、乗員の首のまわりに温風を吹き出すエアスカーフも引き継がれています。
音が飛び散りやすいオープンモデルゆえ、足元に低音域用スピーカーを配したオーディオシステムも自慢の機能です。

車両の状態は大きな傷凹みも無く、新車時の塗装コンディションを高いレベルで保っております、また内装も禁煙で使用されていたので臭いや焦げ跡も一切ありません。
その他このお車についてご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

2017年 アウディ A4 2.0 TFSI

ワンオーナー 走行2500Km 屋内保管 禁煙車 平成29年8月登録車 バーチャルコックピット マトリックスLED アシスタンスパッケージ パークアシスト

車両価格

448万円

支払総額

470.9万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2017年 2425km 2000cc 平成32年8月 ミトスブラックメタリック
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT7速
アウディの主力モデルが8年ぶりにフルモデルチェンジ!!1972年に登場した「アウディ80」の流れをくむアウディの現行型、A4・2.0TFSIが入庫致しました。

A4としては5代目、80から数えると9代目にあたります。全長4735mm、全幅1840mmと余裕あるサイズを誇り、広いキャビンとラゲッジスペースを確保しています。
フルモデルチェンジを機に、最新の縦置きエンジンプラットフォーム「MLB evo」を採用し走行性能を高めるとともに、各種運転支援システムや安全装備を充実させることで快適性を向上させました。
エンジンは、ミラーサイクルを採用する190psの2リッター直列4気筒ターボを搭載しました。

先代よりも格段に精悍(せいかん)ですっきりとしたエクステリアに、アウディのエースとしての風格が感じ取れます。なかでも新しいフロントマスクが、アウディの象徴であるシングルフレームグリルに切れ長のヘッドライトという組み合わせはいつもどおりですが、どちらもよりシャープなデザインになり、さらにシングルフレームグリルがワイドさを増したことで、落ち着いた佇(たたず)まいに仕上がっています。
全幅は15mm広がって1840mmになりましたが、ボンネットをサイドまで回り込む“クラムシェル”タイプとしたことで、サイズ以上にワイド感が強調された印象です。
“マトリクスLEDヘッドライト”が装着された本車では、ウインカーが流れるように点滅する“ダイナミックターンインジケーター”仕様になり、昼夜を問わず一発でアウディとわかるのも、オーナー様としては誇らしいところでしょう。

新型A4の新しさを端的に示すのが“アウディバーチャルコックピット”です。「アウディTT」に初搭載されたフルデジタルのメーターパネルです。前述のマトリクスLEDヘッドライトとセットオプションとされるこのメーターは、速度計や回転計がアナログメーターのように表示されるだけでなく、中央に地図を表示することや、地図表示のエリアを広げることができるのが特徴です。もちろん、オーディオや電話の操作、クルマの設定などもここで行えるので慣れてしまえばとても便利です。
TTと違ってダッシュボードにもモニターが備わりますが、ドライバーに限ればメーターパネルだけで事足りてしまうでしょう。
その他「プレセンスシティ」「プレセンスベーシック」などの先進安全機能が搭載されるほか、「Audi connect」「スマートフォンインターフェイス」といったインフォテインメントシステムも標準で備わっています。
アドバンストキーシステムやリアビューカメラ、アウディパーキングシステムのアシスタンス機能も備わります。

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4735×1840×1430mm ホイールベース:2825mm 車重:1540kg
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ 最高出力:190ps(140kW)/4200-6000rpm 最大トルク:32.6kgm(320Nm)/1450-4200rpm トランスミッション:7段AT

アシスタンスパッケージには、アダプティブクルーズコントロール・アクティブレーンアシスト・サイドアシスト・リヤクロストラフィックアシスト・ストップ&ゴー・ターンアシスト・ハイビームアシスト等が含まれます。
他にもパークアシストを装着しているので、難しい車庫入れを360度カメラに加え車輌の前後バンパーに装着されたパーキングセンサーでステアリング操作をシステムが代行し、車庫入れも安心です。
ボディガラスコーティングを施工済みに加え、屋内保管だったため本車はツヤツヤです!

走行距離も浅く、新車にほど近い今回のお車。新車よりも数段お得な価格となっておりますのでお早めにお問合せください。

2016年 ジャガー Fペース 20d プレステージ

ワンオーナー 新車保証付 屋内保管 禁煙車 純正ナビ・地デジ オプション19インチAW ETC ブラインドスポットモニター ハンズフリー電動テールゲート ボディコート

車両価格

578万円

支払総額

601.3万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2016年 12680km 2000cc 平成31年8月 グラシアホワイト
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT8速
新しいディーゼルユニットに爽快なドライビングに優れた実用性と効率性を融合させたジャガー初のパフォーマンスSUV、Fペース・プレステージが入庫致しました。

FペースはSUVなのにスポーツカールックです。しかしながらFペースの全長・全幅は、縦置きFR系SUVではクラス最大となります。ホイールベースも「メルセデス・ベンツGLC」とならんでクラス最長です。スポーツカールックだから全高はさすがにトップではありませんが、かといって低いわけでもなく車体のディメンションはいかにもSUVらしい堂々たるものです。
Fペースの室内空間は競合車比でもっとも広く、さらにトランク容量も最大級で、しかも荷室形状も四角くて高さもあって使いやすくなっています。それなのにFペースがスポーツカー風に見えるのは、単純にいうとベルトラインより上のグリーンハウスを極端に絞っているからです。かわりにベルトラインより下は異例なほど分厚く、その部分の前後エンドもスパッと断ち切ったかごとく垂直になっています。フロントオーバーハングはFRベースの4WD車らしい短さですが、リアのそれはフロントほど極端に切り詰めてはおらず、小さな窓と高いベルトラインに加えて、操作系を短いリーチでまとめたレイアウトもあって運転席にスポーツカーらしいタイト感があるのはいつものジャガーです。それ以外のシートも独特の閉所感はありますが、スペースそのものは全方位にたっぷり余裕があり窮屈さはまるでなく、そして座面を高めにしたアップライトなドラポジでしっくりと落ち着いて見晴らしもよくなっています。

全車が油圧多板クラッチによるオンデマンド4WDになる以外は、エンジンやグレードのラインナップでも、Fペースは新世代ジャガー商品群にのっとったものです。
今回ご紹介するのは2リッターディーゼルの上級グレード「20d プレステージ」です。SUVらしい大柄な車体に4WDという組み合わせで、Fペースは同エンジンのXEより250kg以上、XFより150kg近く重くなりますが、それでもディーゼルのFペースが意外なほど活発に走るのは、わずかにローギアード化されていることと、スロットルやシャシーがスポーツカー的にチューンされているおかげです。印象的なのはアナログな固定減衰サスペンションなのに、ロールをほとんど感じさせず、ステアリングアシストは明らかに少なめの設定で、統合可変スイッチをダイナミックモードにすると、ステアリングはおやっと思うくらいに重くなります。その重めのステアリングを切ると、Fペースは水平姿勢のままスルリとノーズが反応し、整備された路面ではスーッと滑るように快適な走りをします。
4WD機構はとても洗練されていて、刻々と変わっているはずのトルク配分もそうとは感じさせずに、フロントへのトルクの吸い出し反応は控えめっぽく、FRらしい回頭性を重視したタイプといえます。

ボディーサイズ:全長4740mm×全幅1935mm×全高1665mm ホイールベース:2875mm 車重:1940kg 駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ 最高出力:180ps(132kW)/4000rpm 最大トルク:43.9kgm(430Nm)/1750-2500rpm

当車のセールスポイントとしまして、ワンオーナー・メーカー新車保証継承付・屋内保管・禁煙車の素性の良いものとなっているほか、メーカーオプション総額100万円以上となっております。内容としましてはハンズフリー電動テールゲート・ジャガースマートキーシステム・レジャーアクティビティーキー・ブラインドスポットモニター・プライバシーガラス・19インチツイン7スポークホイール・ルーフレール・ボディーコーティング等々です。
使い勝手が良く、低燃費で経済的なFペース・プレステージ。是非実車をご覧ください!!お問合せお待ちしております。

2015年 フォルクスワーゲン パサートヴァリアント TSI コンフォートライン ブルーモーションテクノロジー

ディーラー整備 屋内保管 禁煙車 ディーラーオプションナビ 地デジ キセノンヘッドライト バックカメラ クルーズコントロール 純正16AW

車両価格

188万円

支払総額

214.1万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2015年 8030km 1400cc 車検2年付 ディープブラックパールエフェクト
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT7速
低燃費18.4km/l!!実力の源は低回転トルク!!噛めば噛むほど味わい深く、隙がないほどの完成度のパサートヴァリアントが入庫致しました。

大きく進化したのは燃費性能です。日本に導入されたのは、1.4リッターターボ付きTSIエンジンに7速DSGのこの組み合わせは、ゴルフのコンフォートラインと同じ122馬力と200Nmを発揮します。1.4リッターながら、2リッターと同等のトルクを1500回転という低回転で発生するとういのがポイントです。さらに、パサートにはアイドリングストップ機能と、エネルギー回生システムをプラス。これらの機能は、VWのブルーモーションテクノロジーと呼ばれる低燃費技術です。このブルーモーションテクノロジーにより、18.4?/l(10・15モード燃費)という低燃費を実現しています。
いくら燃費が良くても、1430kg以上の車重を考えると、あまり走らないのでは?と、感じる人も多いかもしれませんが、その心配は無用です。このエンジンの特徴は、わずか1500回転という低回転で最大トルクを出しているところにあります。だから、アクセルをちょっと踏んだだけで200Nmのトルクでクルマを押し出します。そのため、あまりエンジンを回さなくてよい市街地などでは、トルクに勝る2.5リッター車よりパサートの方がパワフルだったりします。ゴルフなどにも共通するのですが、アクセル操作がラフなドライバーが乗ると、走り出す瞬間にアクセルを開けすぎるため、一呼吸置いてからいきなり200Nmのトルクが伝わり「キュキュッ」とタイヤを鳴らして発進してしまうこともあります。7速DSGも賢く、スパスパと低回転でシフトアップ。通常走行時には、低回転での高トルクを有効に使い、2000回転を超えない程度で早め早めのシフトアップをするで、結果低燃費につながっているというわけです。

今回、室内の静粛性も格段にアップしました。今までのVW車はあえて走行音を入れているのかな?と感じるくらい音が侵入してきましたが、このパサートから静粛性が大幅にアップしています。フロントウインドウには、特殊な遮音フィルムを挟みこみ遮音材の最適配置などにより車内の会話明瞭度もアップ。ゆったりとした乗り心地の良いサスペンションとともに、かなり快適な空間となりました。

実用性ではかなり高いレベルにあるトランクは、大きな開口部にスクエアなスペースで徹底的に使いやすさにこだわっています。例えば愛犬家がゲージを固定するフックもラゲッジの四隅にちゃんと配置されています。また、ホイールハウスのカバーも丸くなくストレートにストンと落としているのも沢山荷物を積む時には、ホイールハウスのカバーも丸型より四角の方が荷物を固定しやすいからでしょうか。ヴァリアントは愛犬家だけでなくゴルや釣り・アウトドアといった趣味から、仕事にも使えるタフさも魅力のひとつだと評価は高いようです。

さて、こちらのお車は新車保証付・走行0.8万キロ・屋内保管・禁煙の良質車となっており、新車時からの整備記録は簿平成27・28・29年と残っており前オーナー様に大切にされていた事が伺えます。
ディーラーオプションのメモリーナビは地上デジタル放送が視聴可。その他ミュージックサーバー・AUXをはじめ、DVDやCDなど様々なメディアに対応しています。
ETC・バックカメラ・左右独立温度調整エアコンも備えています。

ファミリーユースに最適なお車ですので、是非お問合せください。

2015 アウディA4アバント・2.0TFSI

本革シート アシスタンスPKG ワンオーナー 新車保証付 シートヒーター 禁煙車 屋内保管 純正HDDナビ 地デジ 純正17インチAW ETC 電動開閉リアゲート

車両価格

298万円

支払総額

316万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2015年 8000km 2000cc 平成30年11月 グレイシアホワイトメタリック
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし
先進機能アシスタンスパッケージを搭載し、装備や質感のクラスアップに加え、燃費向上なども施されたアウディA4アバントが入庫致しました。

A4は、海外はもちろん日本においても販売台数の25%をも占めるアウディの主力モデルです。
今回のA4は、クラスアップしたかのような装備や質感の高さに17~20%も向上した燃費と環境性能、さらに走りの違いや安全装備の追加などが主なトピックとなっています。

A4のドライブフィールは、全体のまとまり感としっかり感がより強まったボディや足回り、それとともに「乗り心地の良さ」が得られた点が何よりも印象的です。
以前のモデルもバタつくとかゴツゴツしていた、というわけではないのですが、全体的にやや硬めな印象でした。

2リッター直噴ターボエンジンについては、そのスペックに変更はありませんが、シャープかつ低回転域から十分に力強い加速が得られるのも含め洗練度が増していると感じられます。
これには、テンポの良さはそのままにシフトアップ時の繋がりの滑らかさがより増したように感じられる7速Sトロニック(マニュアルトランスミッションベースのAT)との相乗効果によるものではないかと思われます。
エンジンのスペックは変わらぬものの20%も燃費が向上した背景には、これまでも採用していたマニュアルトランスミッションベースのSトロニックに加え、パワーステアリングの油圧から電動式への変更、アウディでは“スタートストップシステム”と呼ぶアイドリングストップ機能、エネルギー回生システムなどが採用されています。
ちなみに、走行フィールを選択/変更できるドライブセレクト機能に、今回から“効率モード”=エコ走行モードが追加されています。

【スペック】全長×全幅×全高=4730×1825×1445mm/ホイールベース=2810mm/車重=1730kg/
      2リッター直4DOHC16バルブターボ 最高出力180ps(132kW)/4000~6000rpm 最大トルク32.6kg・m(320N・m)/1500~3900rpm

ステアリングホイールやシフトノブの形状が変更され、シフトノブについてはA6やA7と同様のものが採用されました。
見た目の雰囲気はクロームの採用率が上がって、ピアノブラックの艶もアクセントに加わり、これまで以上の質感の高さと新しさを感じることができます。
また、本車にはブラックパーシャルレザーシート(ヒーター・電動ランバーサポート付)がオプション装着されています。
シフトレバー周辺に配されたMMI(マルチメディアインターフェース)のスイッチの数も減り、スッキリとした印象となりました。
すると心配なのは操作性ですが、スイッチが減る分ダイレクトな操作がしにくくなる傾向がアウディに限らず近年の他メーカーモデルにもうかがえます。
が、A4のMMIは求める機能への操作に複雑さは感じられず、この手の操作を苦手とするユーザーにとってはホッとできる部分ではないでしょうか。
またエンターテインメント機能としてはアップル製品との互換性も高まっています。

セーフティー面においては、「アシスタンスパッケージ」が備わっております。
・アダプティブクルーズコントロール(前車追従機能付レーダークルーズコントロール)
・アウディサイドアシスト(車線変更補助/危険予測警報システム)
・アウディブレーキプレワーニング(危険予測自動ブレーキ警報システム)
・アウディアクティブレーンアシスト(走行区分線認識/ステアリング自動修正システム)

今回、ワンオーナー・禁煙車・屋内保管・ディーラー整備・走行距離8000Km未満とし、平成30年11月までの新車保証を継承できますのでとても良い素性のお車となっております。
良質なアウディA4アバントをお探しの方は是非弊社までお問合せください。

MINI クーパー 3ドア ペッパーパッケージ

純正18インチAW 1オーナー 屋内保管 禁煙車 純正HDDナビ バックカメラ 障害物センサー ETC エンジンプッシュスタート アイドリングストップ

車両価格

210万円

支払総額

227.4万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2015年 13950km 1500cc 平成30年7月 ブレイジング・レッド
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT6速
女性や若者にも人気の、MINI クーパー 3ドア が入庫致しました。
BMWなってから3代目のモデルです。
エンジンは、直列3気筒DOHC12バルブターボで、最高出力136ps(100kW)/4400rpmとなっております。
ボディサイズは、現在の衝突安全基準などにより、初代から比べ全長185㎜ 全幅35㎜大きくなり、全高は30㎜低くなっています。
ボディが大きくなった分車内も広くなり快適になっております。
メーター類やインパネ周りなども3代目になって大きく変わりとても使いやすなっております。
本車はMINIエキサイトメント・パッケージ、ストレージ・コンパートメント・パッケージ、レインセンサーがセットのペッパーパッケージが装備されています
MINIエキサイトメント・パッケージはディスプレイ周りなどをLEDでライトアップされます。
ストレージ・コンパートメント・パッケージはラゲッジスペースを3段階で変えられるフロアカバーが付いています。
バックカメラに加え車輌の前後バンパーに装着されたパーキングセンサーが障害物を検知し車庫入れも安心。レインセンサーによりワイパーを雨量に合わせて自動で速度を調整します。
保管も屋内保管だったため、紫外線や雨による影響も受けておらず新車時の塗装コンディションを高いレベルで保っております。手洗い洗車で管理していたため磨き傷等もほとんどありません。
禁煙で使われてましたので、灰皿の使用痕跡や気になる匂い汚れは有りません。
MINIクーパーはオシャレでコンパクト、女性や若者におすすめの1台となっております。

ランドローバー レンジローバー イヴォーク SEプラス

ワンオーナー パノラマサンルーフ 全周囲カメラ 革シート 純正18インチAW 純正メモリーナビ 禁煙 屋内保管 シートエアコン・ヒーター クルーズコントロール

車両価格

550万円

支払総額

572.6万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2016年 7000km 2000cc 平成31年11月 フジ・ホワイト
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT9速
ランドローバー レンジローバー イヴォーク SEプラス が入庫致しました。
2016年9月にモデルチェンジを行い、フロントグリルをはじめ、ヘッドランプ、フォグランプ、リアランプ、テイルゲートスポイラーなどのデザインが変更されました。
さらにフロントバンパーは、よりダイナミックな形状となっております。
エアインテークも大型化され、迫力ある見た目だけでなく、冷却性能性も向上させています。
また、シートのデザインも一新されています。
本車はワンオーナー、屋内保管、禁煙車で前オーナー様に大切にされてきたお車です。
開放的なパノラマサンルーフ・パワーシート・シートヒーター・シートエアコン・クルーズコントロールなどの充実した装備で、快適なドライブをお楽しみいただけます。
新車保証も平成31年12月まで残っておりますので、故障時も安心です。
車庫入れや、縦列駐車も全周囲カメラが装備されていますのでらくらくです。
タイヤ山も8分ほど残っております、もちろん屋内保管のため、内外装もとても綺麗な状態です。
是非ご検討頂ければ幸いです。

2009 ポルシェ パナメーラ 4S PDK 4WD

PCCB PDCC スポーツエグゾースト 屋内保管 禁煙 RSスパイダーデザイン20インチAW 純正ナビ

車両価格

498万円

支払総額

511.7万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2009年 64185km 4800cc 平成30年11月 キャララホワイト
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT7速
ポルシェの5ドア4シーターセダン、「セダンもポルシェでなきゃ」という人のためのパナメーラ4Sが入庫致しました。

自然吸気の4.8リッターV8に4WDの駆動系を組み合わせ、ドアの構成部材にマグネシウムやアルミを使用するなど、軽量設計にも努力が払われています。
しかしながら車重は1940kgに達していますので、ドライバーが乗れば2トン超の全長5m近いビッグな5ドアハッチは、カイエン的な重厚長大サルーンを想像していたら、走り出せばこれはまぎれもなく“ポルシェ ”です。それも911に近い味付けです。

ポルシェ・スポーツカーのテイストを感じさせるのは軽快なフットワークです。これほどの巨体なのに、加減速時の姿勢変化や旋回中のロールがほとんどありません。
電子制御エアサスペンションは一瞬たりともフワリとした挙動を許さずに、いつも路面に吸いつくようなスタビリティを与えてくれます。
コーナリングもコンパクトで、長いホイールベースをそれほど感じさせません。エンジン、変速機、サスペンションを“最強”にするスポーツプラス・モードを選択してワインディングロードを走れば、手応えはスポーツカーそのものです。

カイエン用の90度V8に手を加えた4.8リッターエンジンは400ps。パナメーラはこれに7段PDKを組み合わせています。
その新型オートMTは、デュアルクラッチ式ならではの素早い変速をみせる一方、シフトマナーは「911」や「ボクスター」のPDKよりさらに洗練され、よくできたトルコン式ATと区別がつきません。
メーカー発表のパナメーラ4Sの0-100km/h加速タイムは5.0秒。911には負けますが、「ケイマンS」とほぼ互角です。

4Sにはオプション設定されるアダプティブスポーツシートは、クッションがやや硬めで座面やバックレスト左右のサイド部などが深くサポート性に優れたスポーティなデザインです。
前後位置、高さはもちろん、座面の角度/長さなど18wayの電動調節機能を備えており、シートヒーターも標準装備となります。

総額427万円のオプションを満載した本車は、運転手付きのリムジンとして使うのも良いかもしれません。
≪オプション内容≫
PCCB=141万8000円/PDCC=76万7000円/赤外線反射&遮音ガラス=21万7000円/スポーツクロノパッケージ=19万4000円/スポーツエグゾーストシステム=46万円/20インチ“RSスパイダーデザイン”ホイール&タイヤ=50万5000円/カラークレスト=ホイールセンターキャップ=3万円/アダプティブスポーツシート49万3000円/ブラッシュアルミニウム・ドアエントリーガード=7万6000円/オートマチック・テールゲート=11万6000円

新車時からのディーラー整備記録簿も平成21・22・23・24・25・26・27・28年と残っており素性の良さを物語っています。
プラチナグレーを基調とした品の良いインテリアは使用感の無い美しいコンディションです。足元マットまで汚れのない美しさを保っています。禁煙で使われておりましたので、気になる匂いや汚れは有りません。

オプション盛りだくさんのポルシェ・パナメーラ4S、一度手に入れてみては如何でしょうか。お問い合わせお待ちしております。

ポルシェ ケイマンS

ワンオーナー 左ハンドル ディーラー整備 屋内保管 禁煙 本革シート 本革ステアリング クルーズコントロール キセノンヘッドライト HDDナビ バックカメラ ETC

車両価格

308万円

支払総額

320.6万円

LINEで
お問い合わせ
メールで
お問い合わせ
年式 走行距離 排気量 車検 車体色
2007年 24385km 3400cc 平成30年4月 バサルトブラックメタリック
記録簿 禁煙車 ワンオーナー 正規輸入車 保障 修復歴 ミッション
あり あり なし AT5速
ポルシェ ケイマンSが入庫しました。
Caymanの名前の由来は、中南米に生息するワニ名前で、通常日本ではカイマンと呼びますが、ポルシェの場合、実際の発音に近いケイマンと呼びます。
最高出力295ps/6250rpm3.4リッター水平対向6気筒24バルブのミッドシップ・クーペですので、とてもレーシーな仕上がりとなっております。
ミッドシップ・クーペですので、ケイマンならではの踏み込んだ時に、背中のすぐ後ろから力強く押されるような感覚と、エンジンの乾いたサウンドをお楽しみいただけます。
ボディサイズは、全長4340mm×全幅1800mm×全高1305mm、車両重量は1410kgとコンパクトな車体ですのです。
本車は、ワンオーナー屋内保管ですので、とても良い塗装コンディションです。
内装も紫外線によるダメージも無く、綺麗な状態を保っております。
禁煙で使用されていたので、匂いや、焦げ跡などもありません。
フロントラゲッジスペースにはお出掛け時のお荷物やレジャーグッズなども収納可能となっております。
リヤラゲッジスペースも色々と収納できるゆとりのあるスペースです。
新車時からのディーラーでの整備記録簿も平成19・20・22・24・26・28年と、残っており素性の良さを物語っています。
とても楽しいお車ですので、お問合せお待ちしております。